FC2ブログ

薔薇庭でみる夢

フェリシテ・パルマンティエとアマンダ・パテノット


大好きなフェリシテ・パルマンティエが咲き始めました。
小ぶりで愛らしいアルバローズです。
フェリシテとはフランス語で「しあわせ」という意味で、「しあわせ」を育てたくて、植えました。

DSC_0048_20130519001157.jpg

DSC_0021_20130519001246.jpg

DSC_0003_20130519001957.jpg


アマンダ・パテノットはすぐに散ってしまいますが、沢山咲いていい香りを漂わせています。

DSC_0015_20130519001955.jpg



二つを隣どうしに植えたので、フェリシテ・パルマンティエがアマンダ・パテノットに埋もれるようにして咲いています。

DSC_0016_20130519004105.jpg



DSC_0004_20130519001948.jpg



コーネリア

DSC_0038_20130519001953.jpg



ヘリテージ

DSC_0003_20130518002548.jpg



スイート・ジュリエット

DSC_0014_20130518002555.jpg




関連記事

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/19(日) 00:24:55|
  2. フェリシテ・パルマンティエ
  3. | コメント:6
<<二年ぶりのファンタン ラトゥール | ホーム | アルバ・マキシマ>>

コメント

No title

本当に亜麻さんのお庭だけで
薔薇の図鑑が1冊できそうな
種類の多さですね

フェリシテ
フェリシモなら知ってるんですが(笑)
「しあわせ」を育てる いいですね
私も育ててみたくなりました
(1本の薔薇を育てるのにもヒェ〜e-451っと
 弱音を吐いているヤツには到底ムリですが)
  1. 2013/05/19(日) 06:11:17 |
  2. URL |
  3. buzzっち #wm6RgFN2
  4. [ 編集 ]

Re: No title

v-22buzzっちさん
buzzっちさんの庭の薔薇は数より質で、私の薔薇は質より数で対照的ですね^^
もっと育てたいけど、もう場所がありません^^;

フェリシモから毎月届いたガーデン関係の洋書が宝物です。
子供に教育費がかかるようになってからは、フェリシモさんとはお別れしましたけど。

Felicite Parmentierのパルマンティエの方は、作出したことになっている方のお名前ですって。
元々はフェリシテという名だったそうですよ。

そういえば、私はフェリシア(Felicia)という薔薇も育てています。
フェリシアとは幸せという意味をもつ欧米でポピュラーな女性名だそうです。
日本でいうと「幸子」とか「幸」なのでしょうね。
お返事長くなっちゃってすみません。
薔薇の名前の話になると、いつもこうです。

  1. 2013/05/19(日) 11:08:35 |
  2. URL |
  3. 亜麻 #-
  4. [ 編集 ]

No title

亜麻さん、こんばんは~^^

亜麻さんのお庭は、今まさに薔薇庭で見る夢の様な毎日ですね♡
フェリシテ・パルマンティエ、アマンダ・パテノットに
埋もれている姿。。。ほんとうに幸せな気分です!
それに、葉っぱがものすごく綺麗!!
お手入れが行き届いているんですね~。。。

  1. 2013/05/19(日) 22:05:41 |
  2. URL |
  3. tantatta. #-
  4. [ 編集 ]

オールド・ローズらしさが漂いますね

亜麻さん、こんばんは。

フェリシテ・パルマンティエもアマンダ・パテノットもどちらもオールド・ローズなんですね。
いっしょに咲いている光景がとてもナチュラルで、それでいて洗練されていて、素敵な薔薇をお育てなんですね。
花の性質が全く違っているように見えますけど、どちらも強烈な個性というよりも、周りに溶け込む奥ゆかしさを兼ね備えているようです。
フェリシテ・パルマンティエは、その花の姿といい、名前といい、とても惹かれるものがあります。
イタリア語ならフェリチタ(felicita)、しあわせを花の姿にしたら、たとえばこんな薔薇の花ということかもしれません。
薔薇が手の届くところに咲いてくれていること、そんなしあわせを感じるのがこの5月です。
しあわせをしあわせと感じ取る心を磨いていないとわからなくなるのも、しあわせの本質のような気がしています。
うちの庭に咲いてくれてありがとう、そんなへりくだった心の先にしあわせの薔薇が見えてくるのかもしれませんね。
素敵な薔薇の花を、今日もたくさん拝見させていただきました。




  1. 2013/05/19(日) 23:00:36 |
  2. URL |
  3. 折節 #pMXl.iIs
  4. [ 編集 ]

Re: No title

v-22tantatta.さん
こんにちは^^
今の時期は一季咲きのオールドローズが次々咲き出すので
本当に嬉しくて~♪
どれも皆、一年に一度しか逢えなくても良いから
庭にいて欲しいと思って育てているものばかりなので。
夢が覚める日が来なければいいのに・・・^^;
無農薬栽培なので、葉っぱには黒点が広がりかけていますヨ。
  1. 2013/05/20(月) 10:31:43 |
  2. URL |
  3. 亜麻 #-
  4. [ 編集 ]

Re: オールド・ローズらしさが漂いますね


v-22折節さん
こんばんは。
フェリシテ・パルマンティエは1836年以前、アマンダ・パテノットは1847年作出ということですからどちらも近い年代に生まれた古い薔薇のようです。
アマンダ・パテノットはポートランド・フロム・グレンドーラという名で流通していた薔薇と同じであり、最近ジョアシン・アネという名で販売されるようになったそうです。
アマンダ・パテノットという名が好きで、なじんでいるものですから、つい私はそう呼んでしまいます。
どちらも中輪で、どこか懐かしい感じのする佇まいです。
あまり大輪の個性の強いものは、存在感に圧倒されてしまいますが、中輪の薔薇は他の薔薇や小花などともよく合いますね。
アマンダ・パテノットは香りが素晴らしく、房になって咲く可愛らしい薔薇ですが、残念なことに花もちが悪いです。
返り咲くのは嬉しいんですが・・・。
フェリシテ・パルマンティエは、この時期しか咲きませんが、品の良い愛らしい薔薇でいつまで眺めていても飽きません。
イタリア語では、しあわせをフェリチタ(felicita)というのですか。
教えてくださってありがとうございます。
本当に5月は素晴らしくしあわせな季節です。
薔薇が好きで良かった、庭で好きな薔薇を育てることが出来て良かったと思います。


  1. 2013/05/20(月) 22:33:39 |
  2. URL |
  3. 亜麻 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する