FC2ブログ

薔薇庭でみる夢

ドクター・W・ヴァンフリートが咲くと

薔薇の季節もあと少しだと寂しい気持ちになります。
ドクター・W・ヴァンフリートは儚くて、すぐに花びらを散らしてしまうから、余計に。
DSC_0061_201905222259081d2.jpg

DSC_0032_20190522225911400.jpg

DSC_0030_20190522225909ba9.jpg


コレット
DSC_0014_2019052223070747f.jpg


かおりかざり
DSC_0020_20190522230709c67.jpg


あおい
DSC_0048_2019052223070608c.jpg


ジェイムズ・ギャルウェイ
DSC_0040_20190522225912b68.jpg



DSC_0047_20190522230704149.jpg


DSC_0021_201905222307101b8.jpg


DSC_0046_20190522230712366.jpg

テーマ:薔薇が好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/22(水) 23:13:07|
  2. ドクター・W・ヴァンフリート

遅咲きの薔薇

ドクター・W・ヴァンフリートが咲き始めました。
DSC_0064_2019051923170765d.jpg

DSC_0065_2019051923170939b.jpg


フィリス・バイド
DSC_0062_201905192317041fb.jpg


DSC_0063_20190519231706b23.jpg


ホワイト・メイディランド
DSC_0031_20190519231658b5d.jpg

バロン・ジロー・ドゥ・ラン
DSC_0018_20190519231655624.jpg


かおりかざり
DSC_0029_20190519231657077.jpg


色とりどりの庭です。
DSC_0067_201905192317103a3.jpg




ぼくはもっと落ち着いた庭が好き。
DSC_0077_20190519231713b8c.jpg

テーマ:薔薇が好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/19(日) 23:49:23|
  2. ドクター・W・ヴァンフリート

ドクター・W・ヴァンフリート

ドクター・W・ヴァンフリートとはこの薔薇の作出者の名前で、Wは Walter ウォルターの略です。
初めはこの上品でフェミニンな美しい薔薇に、男性の名がついていることに、戸惑ったものですが、
今は違います。
DSC_0012_20160524233653033.jpg


作出者のドクター・W・ヴァンフリートが自分の名を付けたくなるほどに、心を奪われた薔薇だったのですね。
DSC_0013_20160524233654a3e.jpg


DSC_0085_201605242336519c2.jpg


DSC_0086_201605242336513fc.jpg



シャルル・ドゥ・ミル
DSC_0005_20160524234140c14.jpg

フェリシテ・パルマンティエ
DSC_0071_20160524234143df2.jpg

DSC_0005_20160525002607cd6.jpg


ラデュレと「あおい」
DSC_0074_20160524234145604.jpg


DSC_0065_20160524234142883.jpg

DSC_0088_20160524234139cac.jpg




DSC_0056_20160524233649dea.jpg




いつもこうして見ているにゃん
DSC_0036_20160525002606370.jpg

テーマ:薔薇が好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/25(水) 00:29:46|
  2. ドクター・W・ヴァンフリート
  3. | コメント:4

遅咲きのドクター・W・ヴァンフリート

この薔薇に恋して、憧れて、私の庭に迎えたいとの想いを募らせていたのは、もうかれこれ20年近く前のことです。
ドクター・W・ヴァンフリートという名前さえ、そのころは知りませんでした。
DSC_0033_20160522215239008.jpg


清らかなシルバーピンクの花びらに黄色いシベが映えて、見れば見るほど美しく。
お花は長もちせず、儚いですけど、散った花びらさえ愛おしく思えます。
有名な四季咲きのニュードーンそっくりですが、このドクター・W・ヴァンフリートは春しか咲きません。
ドクター・W・ヴァンフリートの一枝が突然変異を起こして、四季咲き性を獲得したのがニュードーンです。
なんという奇跡だろう・・・と思います。
ドクター・W・ヴァンフリートは、薔薇の神様に選ばれた薔薇なんだと思うのは私だけでしょうか?
DSC_0032_20160522215237647.jpg




この美しいファンタンラトゥールにも、奇跡が起こったら素敵ですね。
DSC_0023_2016052221550550c.jpg



いつの間にか、クレマチス アルバ・ラグジュリエンスが咲き揃っていました。
DSC_0002_20160522215240fc3.jpg

DSC_0009_2016052221524292b.jpg


舞妓あじさい
DSC_0011_2016052221523683a.jpg



ポピー
DSC_0019_20160522215503e6c.jpg




今日はすごく暑かったよ~
DSC_0007_2016052223510540b.jpg

テーマ:薔薇が好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/22(日) 23:53:19|
  2. ドクター・W・ヴァンフリート
  3. | コメント:0

風が吹き荒ぶ日に

ドクター・W・ヴァンフリートが開きました。
黄色いしべがシルバーピンクの花びらに映えて綺麗です。

DSC_0053_20130527232906.jpg


DSC_0033_20130528085637.jpg





アルベルティーヌ

DSC_0012_20130528100401.jpg


DSC_0013_20130528104124.jpg

DSC_0012_20130528104121.jpg



レダが小ぶりなお花を咲かせるようになってきましたが、最後まで美しい姿を見せてくれます。

DSC_0051_20130522150235.jpg

DSC_0087_20130528100357.jpg

DSC_0066_20130528101926.jpg



祖父の薔薇もそろそろ終わりに近づいてきました。

DSC_0079_20130528100406.jpg






一季咲きの薔薇の開花は喜びも大きいですが、別れも切ないですね。
でも、繰り返しよく咲いてくれる薔薇が控えているので、大丈夫。


ラ・フランス

DSC_0021_20130528104119.jpg





オールドブラッシュ

DSC_0015_20130524231836.jpg



挿し木から育てているERのウイズリー。
同じくERのウイズリー2008とは全く雰囲気が違います。
巻きの多い素敵な花型で、香りも素晴らしいです。

DSC_0030_20130527232911.jpg




ER シスターエリザベス

DSC_0056_20130526225551.jpg


DSC_0031_20130528103304.jpg



カフェ

DSC_0018_20130524231826.jpg


ER エヴリン

DSC_0034_20130528103257.jpg



ヘルモサ
朱赤の蕾はクリストファー・マーロウ

DSC_0037_20130528103302.jpg





ぼくはいつもいつもいるよ。

DSC_0065_20130528104520.jpg

テーマ:薔薇が好き - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/28(火) 10:48:10|
  2. ドクター・W・ヴァンフリート
  3. | コメント:12